ネズミ退治に関する情報が満載!

ネズミ駆除をしやすくする環境作り

ネズミ駆除をしやすくする環境作り ネズミが住宅内などに侵入してしまうと、被害などがでることがあります。
物をかじり、建物自体にもダメージを与えてしまう場合や、糞、尿によるにおい被害などもあります。
そのため、できるだけ早めにネズミ駆除をすることが大切です。
ですが、市販グッズなどでネズミ駆除をする場合でも、まずは、駆除しやすいような環境作りも大切です。
まずは、床などに余計なものを置かないことも大切です。
ティッシュやビニール袋などちょっとしたごみになりそうなものなども、ネズミが持っていってしまい、それを利用して、居心地のいい環境を整えてしまうことがあり、住宅内に住み着いたり、近場で繁殖しやすいような環境を整えてしまうこともあります。
そのためにできるだけ、室内はきれいにしておくことも大切です。
また、食料などがあると、かじられてしまうため、エサとしてかじられないように、ネズミが簡単にかじることができないように、しっかりと食料のたぐいはしまっておくことも大切です。

ネズミ駆除は自力でできる?

ネズミ駆除は自力でできる? ネズミ駆除を自力で行うには、発生個所とネズミの大きさを知る必要があります。
ネズミが天井裏に出た時は、走り回ると思われるので、その音の性質がどんなものかをじっくりと聞きます。
小さい音がいくつも走り回る時はハツカネズミが犯人なので、結構な数が天井裏にいる可能性が高いです。
次に天井裏に顔を入れ、周囲を見回して光が入ってくる場所を探します。
光がある所はネズミが外側から天井裏へ穴を開けた部分なので、屋根に回って外側からその穴の所へ畑の土を入れて埋めます。
天井裏に入れなくなったため、ネズミ駆除につながったことになります。
近くに雨どいがある時は、そこがネズミの進入口なので、雨どいの中へ熱湯を注ぎこみます。
ネズミが雨どいの中にいた際は、一番下に落とされた可能性が高いです。
そして、下のほうに移動して雨どいの下の側溝内へ、熱湯を流していきます。
ネズミは熱湯が苦手なので、しばらくの間は側溝に近寄って来なくなります。